菱中産業株式会社さま(北海道・帯広市)


北海道十勝・帯広市でシートやネットなどの農畜産関連資材の展開を通して十勝の産業を支え続けてきた「菱中産業株式会社」さま。創業から100年来にわたり培ってきた縫製技術や資材製造のノウハウを活かし、農畜産現場のさらなる環境改善と挑戦をサポートする資材ブランド「GREEN LIGHT(グリーンライト)」を発表しました。

「GREEN LIGHT」とは野球用語で、監督が選手に全権を委ねるサインをさす言葉。地域のお客様に全てを安心して任せてもらえるパートナーでありたい、という願いがブランド名に込められています。また、ロゴマークにあしらわれた馬のシルエットは事業の出発点だった馬具製造業が地域の人々に愛されたという菱中産業さまの”原点”を表しています。

農業機械が使われる以前、農耕馬は地域農業を支える大切な労働力でした。菱中産業は1913年開業の馬具などを製造販売する「中谷商店(中谷馬具店)」として設立され、地域ナンバーワンの馬具店としての地位を確立してゆきました。

「GREEN LIGHT」ブランド第一弾商品「カーフコート」は、多くの酪農家の方々に聞き取りを行い、構想実に3年をかけ生まれた仔牛用の防寒具。


このコートが子牛を寒さから守ります。

ブランド発表のパンフレット

商品パンフレットのデザイン制作も行いました。

ファームノートサミットにおける展示ブース

私たちが毎月配信している、2022年3月23日開催のファームステッドオンライントークライブvol.29
テーマ は「幸せな人間が幸せな動物をつくる」GREEN LIGHTに込めるブランディング戦略とは?にご出演いただき、佐藤浩一さん(菱中産業GREEN LIGHTブランドファウンダー)にお話をお伺いしました!

ファームステッド公式YouTubeチャンネルをアーカイブでご覧ください。
※動画中音声が聞き取りづらい部分がございます。字幕設定をオンにしてご覧ください

菱中産業 株式会社さま公式ホームページ

菱中産業 株式会社さまFacebook