BLOG

【歴史が語ります】

2018.02.14

今日は徳島県阿波市にある、嘉永年間創業の三浦醸造所さんを訪ねました。


全て五代目杜氏の手づくりにより作られる味噌は、天然醸造長期熟成で製造。阿波の方言である「寝さす(寝かせるの意)」の語形が名詞化し「ねさし味噌」の名で、3年から5年じっくりとねかせ熟成させた豆味噌を製造しています。


最近では、創業当時から戦中まで醸造されていた濃口しょうゆをセルフビルドによる醸造蔵で70年の時を経て「一番搾り限定醤油」を復活させました。
小さな蔵だからこそ出来る想いの詰まった味づくりに、今日も感動です!