BLOG

【台湾雲林県から!】

2018.09.20

今日は東京事務所に台湾雲林県政府の皆さんが来社です。
台湾の「農業の横綱」と評される雲林県。
農産物の生産量は台湾一。台湾農業の首都として、名物は恵まれた臨海環境で獲られるカラスミや古坑コーヒーなどで、コーヒーの栽培の歴史も、統治時代に日本人がコーヒーを導入した事からスタートし、今では台湾珈琲の故郷と呼ばれているなど、日本との繋がりも密接な地域です。


数年前からブランドづくりに取り組んでいる日月潭紅茶のご縁もあって、雲林県における農業の今後の取り組みについて、色々とディスカッション!
お土産には超高級カラスミを頂いちゃいました^_^ 近いうちに雲林県に伺う事を約束して、また台湾との新たな取り組みが楽しみです!