Single post

【11/8(木)生産者の想いを間近に感じる、一晩限定のバイヤー向けイベント~FARMSTEAD EXPO BUYER’S MEETING 2018秋 を開催いたしました】

2018.11.14

11月8日(木)、東京都内会場にて「農業を味わう」ことをコンセプトに、全国各地の造り手こだわりの食材を使ったメニューを味わいながら、プレゼンテーションや意見交換を通して生産者との交流を深められる1日限定のバイヤー様向けイベント「FARMSTEAD EXPO BUYER’S MEETING 2018秋」を開催いたしました。

 

今回会場となったのは、東京都日本橋の閑静なエリアにあるおしゃれなレストラン「ユニオンサンドヤード」。

当日は約20名のバイヤー様と、北海道から沖縄まで全7件の生産者の方々に参加いただき、和やかな雰囲気の中でイベントがスタートしました。

今回参加されたのは、合計10件の生産者の方々。
会場には、北海道から沖縄まで、全国各地の特色ある食材が豪華に揃いました。

【会場参加生産者】
・とかちデザインファーム(北海道・帯広市)
・株式会社たけやま(千葉県・山武市)
・有限会社田中牧場(岐阜県・飛騨市)
・株式会社アトリウム(愛媛県・八幡浜市)
・有限会社西製茶工場(鹿児島県・霧島市)
・株式会社和香園(鹿児島県・志布志市)
・株式会社みやぎ農園(沖縄県・南城市)

【食材提供のみの生産者】
・十勝アルプス牧場(北海道・清水町)
・池下産業株式会社(北海道・広尾町)
・T’s table(徳島県・鳴門市)

 

●オープニング挨拶

株式会社ファームステッド代表取締役/ブランドプロデューサー 長岡淳一

弊社代表取締役 / ブランドプロデューサーの長岡より、開会のご挨拶をさせていただきました。

 

●来場生産者挨拶

・株式会社たけやま 伊藤亨兆さま(千葉県・山武市)
・有限会社田中牧場 田中肇さま(岐阜県・飛騨市)
・株式会社アトリウム 國分美由紀さま(愛媛県・八幡浜市)
・有限会社西製茶工場 久留嘉弘さま(鹿児島県・霧島市)
・株式会社和香園 堀口大輔さま(鹿児島県・志布志市)
・株式会社みやぎ農園 小田哲也さま(沖縄県・南城市)

会場に来場いただいた本日の主役、6名の生産者の方々より簡単な自己紹介とご挨拶をいただきました。

 

●乾杯の挨拶

〜日本政策金融公庫 千葉支店 細矢真義さまに乾杯のご発声をいただきました。

 

●歓談

こだわりの食材を使用した料理の数々に、写真を撮られるバイヤーの方々も。
生産者の方に食材についてのこだわりや味わいについて質問されるなど、さっそく会話に華が咲いた様子。

また提供されたお料理を通して、生産者さま同士の情報交換も弾んだご様子でした。

 

●生産者プレゼンテーション

〜株式会社たけやま 伊藤亨兆さま

千葉県山武市でお米の一貫生産を行う「米のたけやま」の代表、伊藤さまからプレゼンテーションがスタート。
スピーチの中では、精米・保管にかけるこだわりや、若い力で農業を盛り上げる取り組みなどについてお話いただきました。

自然の生命力を大切にするため、あえて水田の除草を抑え、ありのままの状態を維持することを大切にしている点を紹介。

 

新設された保管庫では、徹底した温度・湿度管理をしていることを説明。迫力ある保管設備の様子を、写真に収めるバイヤー様の姿も。

 

若い力で日々様々な革新的取り組みをされている点をご紹介いただきました。

 

たけやまさまから今回提供いただいた食材「ふさおとめ」「ふさこがね」をそれぞれ使用したおにぎりとリゾット。
精米・保管にとことんこだわっている、と話す伊藤さまのお話のとおり、冷めても美味しく、味わい深い仕上がりとなっていました。

 

〜有限会社田中牧場 田中肇さま

岐阜県飛騨市で黒毛和牛の一貫生産を行う田中牧場さま。代表の田中さまが紹介する牧場の様子は、普段私たちが目にすることのない光景ばかりでした。

普段目にすることのない、牛の出産風景。いのちが生まれる現場の様子に、参加者の方々からも驚きの声が上がっていました。

 

愛情と手間をかけた分だけ、やさしい味わいの牛肉になると話す田中代表。

 

今回提供いただいたお肉「TANAKA BEEF」のやわらかリブロースステーキ。
迫力満点の特大ステーキが何枚も会場に運び込まれるたび、会場のあちこちから嬉しい歓声があがっていました。

 

〜株式会社アトリウム 國分美由紀さま

続いてお話しいただいたのは、愛媛県八幡浜市で地産の柑橘を使用したアロマ食品の製造を行う株式会社アトリウムの代表、國分さま。地産の柑橘を作って製品開発に至った理由や、ママレードにかける想いなどについてお話いただきました。

事業の転機となった、ライム&ゆずマーマレードを紹介。今や世界的マーマレードアワードでも金賞を受賞するほどの本格派商品には、天災などにより暗い気分になっている方達を元気付けたい、という國分代表の想いがありました。

 

マーマレードの世界大会に出品するにあたり、何か日本らしいものを、と考案したゆず&桜マーマレード。このほど販売がスタートしました。

 

当日提供されたのは、こだわりのマーマレードとコンフィチュールを使ったクリームチーズブルスケッタ。なめらかなクリームチーズの食感に、さわやかな柑橘の風味が心地よい味わいでした。

 

〜有限会社西製茶工場 久留嘉弘さま

鹿児島県霧島市でお茶の生産を行う有限会社西製茶工場さま。毎朝60ヘクタールもの茶畑を見回り、茶葉と対話を重ねながら最高のお茶を生み出そうとする姿勢は、まさに職人そのもの。当日は販売担当の久留さまに、茶園の紹介をいただきました。

神秘的な光景がつらなる霧島連山のふもとを進んだ先にある、西製茶さまの絶景の茶畑。
自然豊かな大地で育まれる、こだわりの有機栽培茶についてご紹介いただきました。

 

西製茶の歩んできた歴史や、製茶にかけるこだわりを紹介。またレインフォレスト認証や有機栽培に関する先進的な取り組みの紹介時には、感度の高いバイヤーさまがひときわ熱心に聞き入る様子も見られました。

 

今回西製茶さまからご提供いただいた霧島煎茶をまぶした人参ラペサラダ。
やさしい酸味の中に、ほんのりとお茶の香ばしさが広がる後味が美味しい一品になりました。

 

〜株式会社和香園 堀口大輔さま

鹿児島県志布志市で約70年にわたりお茶づくりを行う和香園さま。伝統と革新性を融合させた新しいお茶づくりのなかで生まれたブランド「TEAET」の紹介場面では、来場のバイヤーさまもパッケージや飲み方の新しい提案を食い入るように見つめていらっしゃいました。

プレゼンテーションは、堀口製茶のフィロソフィーを伝える動画からスタート。
働くスタッフの人柄が伝わるムービーに、参加者の心も引き込まれます。

 

日本茶をこれまで飲む習慣がなかった若い世代にも、気軽にお茶の世界を楽しんでもらいたい、との想いで始めたブランド「TEAET」。急須がない家庭でも手軽に飲めるティーバッグやパウダー、フレーバーティーなど、日々新しい商品開発を進めています。

 

〜株式会社みやぎ農園 小田哲也さま

沖縄県南城市で、環境と生きものに負荷をかけない循環型農業を展開されているみやぎ農園さま。
こだわりの養鶏や、幸せの国ブータンとの連携事業などについてお話いただきました。

にわとりが本来の姿で、のびのびと暮らせることを大切に考えられたこだわりの鶏舎を紹介。
微生物のちからによる自浄作用のおかげで、臭いもなくふかふかの鶏舎環境が保たれます。

 

そうした環境下で元気に育った鶏の卵はつややかで、やさしい味わい。
また、みやぎ農園さまでは賞味期限が短い卵を少しでも多くの方に味わっていただきたい、との想いから、卵ほんらいの味わいを活かしたオリジナルのマヨネーズも製造しています。

 

農園こだわりの卵をふんだんに使用した、うどんカルボナーラ。
トッピングには先ほどプレゼンテーションをされた和香園さまの「TEAET」ブランドから、風味豊かなティーパウダーがふりかけられています。

 

やわらかな卵の食感を活かした一口サイズのオムレツ、フリッタータも登場。

 

農園自慢のマヨネーズは、同じくみやぎ農園さまの契約農場で手がける沖縄野菜、赤オクラとあわせてバーニャカウダ風に提供しました。

 

〜とかちデザインファーム

生産者プレゼンテーションの最後には、弊社が展開する「北海道・十勝」をテーマにしたプレミアム地域ブランド「とかちデザインファーム」の紹介もさせていただきました。

どこまでも広がる広大な農業風景が、訪れる人々の心を虜にする北海道・十勝地方。
この地で活躍する情熱あふれる生産者の方々のことを、もっと広く伝えたい、との想いから、とかちデザインファームプロジェクトが始まりました。

 

北海道・十勝の生産者さまによる様々なおいしい商品を統一パッケージのもとに発信するとかちデザインファーム。
単体では難しいアピールも、統一デザインをほどこすことで、集合体として訴求力を高めることができます。

 

●食材提供のみの生産者の紹介

また、今回都合により会場にはお越しいただけませんでしたが、そのほか3件の生産者さまより、食材のみの提供にてご参加をいただきました。当日はその3件の生産者さまについて、弊社スタッフからご紹介させていただきました。

 

〜T’s tableさま

鳴門の渦潮が育んだ新鮮な茎わかめや、徳島の太陽を燦々と浴びた心地よい酸味が魅力のすだち、ほくほく感がたまらない鳴門金時・・
たくさんの魅力あふれる美味しい食材を有する、四国・徳島県の地で、地産の食材を使った手づくり調味料を手がけるブランドが「T’s table(ティーズテーブル)」さまです。

 

代表の福池氏は、コンピューターシステム会社を運営する日々の中で、食品製造への憧れや、徳島の恵まれた食材を活かし、どこにもない商品を作りたいとの想いを強め、徳島の「幸」を伝えるプレミアム調味料ブランド「T’s table」を立ち上げることを決意します。

 

ブランド一押しの商品「徳島すだちビネグレット」には徳島原産のすだちをふんだんに使用。
サラダはもちろん、お肉料理のアクセントとしても幅広く使用できる味わいで、弊社スタッフにもファンが多い逸品です。
当日は会場プレゼンテーションの中でも、さまざまな食べ方をバイヤーの方々にご提案しました。

 

会場では、T’s tableおすすめの食べ方、ローストビーフへのトッピングとして3種のドレッシングと特製ディップを提供。
爽やかな酸味があとを引く「徳島すだちビネグレット」は青唐辛子入りの辛口と、通常タイプの2種類をご用意。

 

新たな食べ方提案のシチュエーションを写真におさめるバイヤーの方の姿もいらっしゃいました。

 

〜池下産業株式会社さま

北海道・広尾町で、獲れたて直後の魚のおいしさをそのまま閉じ込めたプレミアム冷凍ブランド「REVOFISH(レボフィッシュ)」を展開する池下産業さま。まずはオリジナルムービーで、REVOFISHの世界観をご紹介しました。

 

港から水揚げされたばかりの魚を、隣接の専用工場で急速冷凍。
そのスピード感と長年培ってきた目利きの力により、生の状態にも比肩する、圧倒的な鮮度と旨みを蓄えた状態での流通を実現しました。

 

REVOFISHを支える漁師の方々。池下産業さまでは、長年培ってきた契約漁船との確かな信頼関係のもと、良質な魚を安定的に仕入れています。

 

ブランドの代表商品「大トロイワシ」を使ったトマトソースパスタのプッタネスカ。
1,000匹に1匹とも言われる、一時期しかとれない脂ののった希少な個体を厳選した「大トロイワシ」。口に入れた瞬間にとろけるような脂と旨みに、会場からも驚きの声が多数聞こえていました。

 

〜十勝アルプス牧場さま

さながらスイスのアルプスを思わせる絶景のなかで放牧酪農を実践している、十勝アルプス牧場さま。
主に飼育するのは、とても濃厚でコク深い生乳を出す牛、ブラウンスイスです。

 

アニマルウェルフェア認証も取得中の十勝アルプス牧場さまでは、牛たちもとても人懐こいのが特徴。
初めて牧場を訪れた方でも気軽に触れ合うことができるほど、フレンドリーで優しい性格です。

 

オーナーの橋本さま曰く、日頃から愛情をかけて牛に接しているので、彼女たちも人間におびえることなく、良い関係が築けているのだそう。

 

十勝アルプス牧場さまから提供いただいた、なめらかで上品な舌触りが魅力のブラウンスイスバターと、ミルクジャム。
素材の風味をしっかりと味わっていただけるよう、シンプルにバゲットに塗ってお楽しみいただきました。

 

また、会の終盤ではデザートとして、十勝アルプス牧場さま特製アイスクリームも登場。
濃厚でミルクの旨みがしっかりと活きるブラウンスイスのアイスクリームは、フレーバーも様々。会場のあちこちに笑顔の花が咲きました。

 

●歓談

すべての生産者様のプレゼンテーションが終了した後は、再び歓談となりました。
会場の空気感も温まり、生産者さまとバイヤーさまの会話も弾み、プレゼンテーションでは伝えきれなかった食材に関するこだわりなどを熱心に説明される生産者さまの姿が各所でみられました。

 

●お茶の実演試飲提供

さらに今回、会場では有限会社西製茶工場さまと株式会社和香園さまによる、お茶の実演試飲提供も行われました。
生産者自らが、いちばん美味しいお茶の淹れ方で提供する一杯に、バイヤーの方々も非常に興味を持たれたご様子でした。

代表の堀口氏自ら、最高の一杯を淹れます。

 

和香園さまは、紅茶とウーロン茶の間の75%醗酵でつくられたオリジナル商品「ウーロンブラックティー」を提供。
紅茶のもつ華やかな香りの中に、ウーロン茶の香ばしい味わいが活きる味わいが魅力的です。

 

バイヤー様からは熱心な質問が飛び交いました。

 

西製茶工場さまは、有機栽培抹茶「いっぷく」を提供。抹茶を有機栽培で作るというのはかなり難しい挑戦とのこと。丁寧に点てられた一杯は、鮮やかな濃緑で苦味の少ない、甘やかな仕上がりです。

 

一杯一杯丁寧に点てられたお茶が配られるたび、会場内にはお抹茶の良い香りが広がりました。

 

また今回、会場では山梨県笛吹市のワイナリー「ルミエール」さまより、赤ワイン「GABU」と白ワイン「甲州シュールリー」を特別協賛いただきました。


日本ワインの黎明期から続くワイナリーの一つでもある、ルミエールさまの歴史とこだわりが詰まった2銘柄。当日提供の食事との相性も抜群で、参加された方々は次々にグラスにワインを注がれていました。

 

●シェフの挨拶

〜株式会社ZOT 大山瑞貴さま

会の後半には、今回のお料理を考案・調理くださった、ユニオンサンドヤード 大山シェフよりご挨拶と、食材についてのお言葉をいただきました。

 

●ビジネスガイド社様ご挨拶と2019年2月開催イベント「東京インターナショナルギフトショー」の紹介

〜株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信亨様

 

〜株式会社ビジネスガイド社 甲州利勝様

2019年2月に開催を控えた、日本屈指の大型展示会「東京インターナショナルギフトショー」共催「グルメ&ダイニングスタイルショー」と、展示会内にて開催予定の企画「ファームステッドエキスポ」についてのご紹介、そして来夏開催予定の「ファームステッドエキスポ」期間外企画「ファームツアー」についてのご紹介をいただきました。

 

●閉会の挨拶

〜株式会社ファームステッド 代表取締役 / アートディレクター 阿部岳

イベント最後には、弊社アートディレクターの阿部より、閉会の辞を述べさせていただきました。

 

イベントの締めには、今回集まった参加者での記念撮影を行いました。

美味しいお食事と飲み物で、会が進むごとに生産者の方々とバイヤー様との交流も深まり、会場のあちこちで新たな展開が始まりそうな様子も見受けられるなか、盛況のうちにイベントを終了することができました。

お越しいただきましたバイヤーの皆様に御礼申し上げるとともに、時間のない中、開催にあたり多大なるご協力をいただきました生産者の皆様に、この場を借り改めて感謝申し上げます。本当に、ありがとうございました。

—————————————————

●イベントタイトル
FARMSTEAD EXPO BUYER’S MEETING 2018秋

●開催日
2018年11月08日(木)

●会場
ユニオンサンドヤード
(東京都中央区日本橋富沢町2-5 SUビル)

●会場参加生産者
とかちデザインファーム(北海道・帯広市)
株式会社たけやま(千葉県・山武市)
有限会社田中牧場(岐阜県・飛騨市)
株式会社アトリウム(愛媛県・八幡浜市)
有限会社西製茶工場(鹿児島県・霧島市)
株式会社和香園(鹿児島県・志布志市)
株式会社みやぎ農園(沖縄県・南城市)

●食材のみの提供生産者
十勝アルプス牧場(北海道・清水町)
池下産業株式会社(北海道・広尾町)
T’s table(徳島県・鳴門市)

●提供メニュー

霧島そだちの旨み煎茶と人参のラぺサラダ
(有限会社西製茶工場)

柑橘香るコンフィチュールのクリームチーズブルスケッタ
(株式会社アトリウム)

みやぎ農園直送 沖縄産平飼い卵のとろふわフリッタータ
(株式会社みやぎ農園)

ローストビーフ~徳島の「幸」はじける2種のドレッシングをお好みで
(T’s table)

沖縄直送新鮮オクラのバーニャカウダ~平飼い卵と鳴門金時の特製ソース
(株式会社みやぎ農園×T’s table)

奥飛騨TANAKA BEEFのやわらかリブロースステーキ
(有限会社田中牧場)

たけやま米のふっくらおにぎり
たけやま米のあじわいリゾット
(株式会社たけやま)

十勝アルプス牧場発 放牧ブラウンスイスの濃厚アイスクリーム
(十勝アルプス牧場)

十勝 風味豊かうどんのカルボナーラ~沖縄の新鮮平飼い卵のせ
(とかちデザインファーム×株式会社みやぎ農園)

REVOFISH大トロイワシのプッタネスカソースパスタうどん
(池下産業株式会社×とかちデザインファーム)

十勝アルプス牧場こだわり 放牧ブラウンスイスのなめらかバター
(十勝アルプス牧場)

●主催
株式会社ファームステッド
株式会社ビジネスガイド社