Single post

新しい時代を切り開く農業とデザインと食のイベント「AGRI×DESIGN×FOOD EXHIBITION 2017秋」

2017.10.04

9月6日から8日の3日間にわたって開催された農業・食・地域の新たなイメージを五感で感じるイベント「AGRI × DESIGN × FOOD EXHIBITION 2017秋」。
会期中は多くの方にブースへご来場いただき、各企画とも好評のうちに終了することができました。

第一次産業の新たな未来を切り拓く生産者の方々の姿をご紹介し、デザインの力を通してこれからの農業と食、地域にこめられた新たな可能性を感じていただくことをコンセプトとした「AGRI×DESIGN×FOOD EXHIBITION」は従来見られるような農業系展示と比べ生産者との距離がより近く、デザインの力で新たな販路開拓を実現する方々の姿を知ることができるイベントです。
東京ビッグサイトで開かれるアジア屈指の商品見本市「東京インターナショナルギフトショー」共催「第22回グルメ&ダイニングスタイルショー」内のエキシビジョン展示として、企画・プロデュースを当社が全面的に担当している本イベント。
前回開催時にも好評を博した恒例の企画、生産者トークライブやブース展示、セミナーに加え、今回は生産者自慢の食材が限定メニューで味わえる「FARMSTEAD CAFE」も登場。
会場内でもひときわ目を引くブース構成で、これまでの商談展示会、農業関連イベントとは全く違ったものとなりました。

ブース展示のコーナーには全国各地から9の生産者さまが集結。
各ブースに来場された方の反応も良く、今後の新たな展開に向けて確かな手応えをつかんだ方も多くいらっしゃいました。

 

生産者ブース展示

T’s table(徳島県・鳴門市)

果肉はもちろん、皮にいたるまで”徳島の幸をまるごと使った美味しさ”を伝えるドレッシングブランド「T’s table」(徳島県・鳴門市)。
3回目の出展となる今回は、認知度の高まりを感じる機会も多かったそう。

おふたりの明るく気さくな人柄で、終始笑顔の絶えないブース。

T’s tableは今秋、日本が世界に誇る”おもてなし”を実践する人や企業、製品に贈られる賞「おもてなしセレクション」を受賞。
ブースの一角には受賞の証が輝いています。

中標津ブルタージュ(北海道・中標津町)

自治体と民間のコラボレートにより生まれた地域振興ブランド「中標津ブルタージュ」(北海道・中標津町)。先月21日にお披露目を終え、今回が初の出展です。
地方活性化のヒントがつまったこちらのブースには、連日多くの自治体関係者が足を運ばれていました。

ブルーが会場内でもひときわ目をひくブース。

酪農のまち、中標津産ゴーダチーズの芳醇なチーズの香りが楽しめる看板商品「チーズブルトンヌ」。リリースまでに何度も試作を重ね、絶妙な食感を実現しました。
中標津の魅力をアピールする新たな地方特産品として第一歩を踏み出します。

日本茶 櫻乃庵(奈良県・下三条町)

日本茶のほんとうの美味しさを伝えたいとの想いから、全国各地より厳選した生産者から最高級の茶葉を仕入れている「日本茶 櫻乃庵」(奈良県・下三条町)。

森岡社長の日本茶と、日本独自の文化に対する熱い想いは、ブースでも多くの来場者を惹き付けていました。

何度も茶園まで足を運び、”本物”を造る生産者と確固たる信頼関係を築いている日本茶 櫻乃庵。
ブースには各生産者の方の顔と想いが見えるパネルを設置。茶葉ごとの特徴を感じて頂きやすい展示にしています。

西製茶(鹿児島県・霧島市)

霧島の大自然の中で、誰もが安心して飲めるお茶づくりを行う「西製茶」(鹿児島県・霧島市)。
長年茶と向き合い、対話することで培われて来た”匠の技”で、飲む者を感動させる一杯を生み出しつづけています。

モダンで直線的なロゴマークが目を引く「西茶」の展示。ブースではシェイカーでつくった抹茶を試飲できるパフォーマンスに人だかりができていました。

上室製茶(鹿児島県・志布志市)

お茶の栽培を始めて60余年あまり。手間ひまを惜しまず、正統派と呼ばれるお茶づくりを行っている「上室製茶」(鹿児島県・志布志市)。
甘みと旨みが詰まった品質の高いお茶は、生産量こそ多くないものの常に高い評価を獲得しています。

ブランドマークには現代の家紋のようなイメージを。パンフレットやお茶のパッケージに、力強い旗印が光ります。

森山(福島県・福島市)

福島県の土湯温泉にて温泉旅館「ニュー扇屋」を営む森山さん。
敷地内から湧き出る自噴源泉を利用し、コクと滋味にすぐれた温泉たまごを製造しています。

今回のギフトショーがお披露目となった、湯庵プリン。自慢のたまごを使用し、一つひとつ手造りで製造を行うため大量出荷はできないものの、早くもお客様からたくさんの反響をいただいたそう。

カントリーホーム風景(北海道・鹿追町)

雄大な自然の中、愛情込めて健やかな牛の飼育を行う「カントリーホーム風景」(北海道・鹿追町)。
牧草からこだわり育てた牛のミルクで造るヨーグルトは、口にする人をたちまち笑顔にしてくれます。

愛らしい親子の牛が描かれたパッケージは、女性の来場者にも好評を博しました。

森農園(群馬県・高崎市)

群馬県にある山あいの地で、ご夫婦で農園を営む「森農園」(群馬県・高崎市)の森さん夫妻。
森農園で栽培される食用ほおずき(ケープグーズベリー)がメディアなどで話題を呼ぶ中、ブースには取材に訪れる方も。

とかちデザインファーム(北海道・帯広市)

弊社が手掛けるプレミアム地域ブランド「とかちデザインファーム」のブースにも多くの方々が訪れてくださいました。

日月潭紅茶(台湾・魚池郷)

「AGRI×DESIGN×FOOD EXHIBITION」ブース向かいには、弊社がデザインブランディングを手掛けた台湾「日月潭紅茶」もブースを出展。

連日多くの方々がブースに来訪。台湾産紅茶の美味しさに、驚きの声が上がっていました。

 

生産者トークライブ

  

 

会期中、各日異なるテーマのもと開催された生産者トークライブ。

○9月6日生産者トークライブ
山田孝将様 / カントリーホーム風景(北海道・鹿追町)
森山夏名様 / 株式森山(福島県・福島市)
森清和様 / 森農園(群馬県・高崎市)

1日目のトークライブでは一次産業、六次産業の未来を切り開く若手生産者3名がゲストとして登壇。

記憶に残る野菜づくりをモットーに農業に取り組む「森農園」の森さん。
ケープグーズベリーをはじめ、自分たちがこだわって造る野菜のブランディングにかける想いを語ります。

 

「源泉湯庵 森山」の森山さん。今回お披露目となった湯庵プリンに、早くも手応えを感じる場面が。

「カントリーホーム風景」の山田さん。自分たちの子供にも美味しいと言ってもらえる、こだわりの製品づくりに力を注ぎます。

 

○9月7日生産者トークライブ
安田隆様 / 株式会社万両屋(北海道・中標津町)
國分知貴様 / 中標津町地域雇用創造協議会(北海道・中標津町)

トークイベント2日目は、自治体と民間の連携によって生まれたご当地特産品事業の立役者2人が登壇。

一般へのアンケートや製造過程での度重なる試作など、リミットが決まっている中で様々な試行錯誤が重ねられました。
行政と民間が結束して取り組んだことにより生まれた、中標津町の新たな顔「ブルタージュ」。今後の展開から目が離せません。

 

○9月8日生産者トークライブ
福池信次様 / ロジックシステム株式会社(徳島県・鳴門市)
森岡正宏様 / 有限会社トレンディー(奈良県・下三条町)

最終日のトークライブでは、日本の伝統と地域の幸を伝え広めることに情熱をかける、2人の代表が登壇。

コンピューターソフト開発を手掛ける福池社長が立ち上げた「T’s table」。
全くの異業種からの参入だからこそ感じた発見や大変さを語ってくださいました。

政治の世界から日本茶へ。この国が誇る素晴らしい文化を伝え広めたい、という想いのもと「日本茶 櫻乃庵」の森岡社長は日本茶事業を手掛けはじめました。

 

特別トークセミナー

2日目には、生産者トークライブのほかにも弊社ブランドプロデューサー長岡のトークセミナーも別会場にて実施。
講演終了後は、過去に例をみないほど多くの方々でステージ前に列ができました。

 

新企画 FARMSTEAD CAFE

更に、今回のイベントでは初の試みとして、「FARMSTEAD CAFE」を実施。
生産者自慢の食材が会場限定のメニューで味わえるこちらの企画、コーナーには行列が出来る場面もしばしば。

上室製茶の抹茶ジェラートと西製茶の抹茶。

中標津ブルタージュ「チーズブルトンヌ」は上室製茶の水だし緑茶、日本茶 櫻乃庵の高級煎茶の2種類のセットで展開。

森農園からは、ケープグーズベリーのジャムをチーズケーキに添えたスペシャルスイーツが。

源泉湯庵 森山からは、自慢の源泉でつくった温泉たまごを使用した焼鳥丼とロコモコ丼がお目見えしました。

 

「AGRI×DESIGN×FOOD EXHIBITION」各ブースを案内するコンシェルジュ

3日間、ブースの運営を手伝ってくださった学生の方々。

——————————————-
開催概要
——————————————-
第22回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2017特別展示エリア
AGRI × DESIGN × FOOD EXHIBITION
農業をデザインする、現れる未来。
【日時】9月6日(水)、7日(木)、8日(金)
10:00〜18:00(最終日〜17:00)
【会場】東京ビッグサイト東展示棟東3ホール(東京・有明)
(東京インターナショナル・ギフトショー同時開催)

出展生産者様

●カントリーホーム風景(北海道・鹿追町)

●中標津ブルタージュ(北海道・中標津町)

●とかちデザインファーム(北海道・帯広市)

●森山(福島県・福島市)

●森農園(群馬県・高崎市)

●日本茶 櫻乃庵(奈良県・下三条町)

●T’s table(徳島県・鳴門市)

●上室製茶(鹿児島県・志布志市)

●西製茶(鹿児島県・霧島市)