Single post

「duo de raisins」が「2016年度 グッドデザイン賞」を受賞

2016.09.29

dsc_8232_retouchsss

gd2016logo02

弊社デザインプロデュースの株式会社フルーツのいとう園(福島県福島市 代表取締役 伊藤隆徳)「duo de raisins(国産大粒高級枝付き干しぶどう)」が、このたび、2016年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

「duo de raisins」は、果樹園という生産者だからこそできる、二房を枝付きで形よく加工した干しぶどうという希少でストーリーのある製品の価値を見た目でも感じてもらえるようなデザインに取り組んだ結果、特に『「デュエット仕立て」という、房が2つ付いた形が素晴らしい。高級感を醸し出す一番のポイントとなっている。(※審査委員会の評価コメントを引用)』として高く評価されました。

弊社では今回の受賞を契機に、日本の農業のより一層の活性化を目指すとともに、農業者のモチべーションを高め、日本の農業自体をブランド化して行く仕組み作り、「農業をデザインする」事に真摯に取り組んでまいります。

 

dsc_8198_retouchsss

 

DSC_9071sss

 

□製品名称 : duo de raisins 国産大粒高級枝付き干しぶどう
□製品概要 : 福島の太陽光をいっぱい浴びて育った、大粒で高級種のぶどう(巨峰・シャインマスカット)を房ごと干した「国産大粒 高級枝付き干しぶどう」。1本の枝から2つの房「デュエット仕立て」が特徴です。甘みと酸味のバランスが良く、着色料や保存料などの添加物は一切使用せず、子供からお年寄りまで安心して食べられることができる無添加にこだわった商品。ギフトとしても喜ばれる、シンプルで高級感あるパッケージデザインです。

□事業者
フルーツのいとう園
□受賞デザイナー
ブランドプロデューサー : 長岡 淳一
デザイナー : 阿部 岳
□グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
「デュエット仕立て」という、房が2つ付いた形が素晴らしい。
高級感を醸し出す一番のポイントとなっている。
フルーツのいとう園ホームページ

 

20160628_4_retouchsss

 

img_8437_correct_retouch_sss

 

グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2016」に出展
本年10月28日(金)から東京ミッドタウンと渋谷ヒカリエで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「[G 展]GOOD DESIGN EXHIBITION 2016」東京ミッドタウン会場において、duo de raisins が本年度受賞デザインとして紹介されます。
[G 展]GOOD DESIGN EXHIBITION 2016
会期 : 10月28日(金)〜11月3日(木・祝)
会場 : 東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
http://www.g-mark.org/gde2016/

 

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで60年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は45,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/