Single post

西ノ原牧場(宮崎県・小林市)

2015.11.01

nishinoharu_logo宮崎県小林市で温暖な気候と緑の大地のなか、のびのびとした環境で牛を飼育されている西ノ原牧場さま。牧場全体のデザインブランディングを担当しました。シンボルマークは霧島連山と、そこに湧き出る良質な水、健康な牛を育むその風土をシンプルで力強いものとしました。霧島連山のシルエットを究極なまでにシンボル化した山型の図形、清らかな水の流れを表現した曲線を配置。モダンな印象のオリジナル書体の牧場名と組み合わせることにより伝統的かつモダン、歴史を感じさせるシンボルマークに仕上げました。こちらのマークをベースに現在加工販売されているソーセージ等のパッケージ、新しい直営店の看板、保冷庫のデザインを行い、トータルでブランディングを進めています。ジューシーな肉質で豊かな風味が特徴のブランド牛「なかにし和牛」。西ノ原牧場さまの直営店で購入いただける他、市内の直営ステーキハウスで味わうことができます。

 

DSC_5517sss

パッケージデザイン

 

IMG_3025sss

新しい直営店舗の看板

 

yoko

保冷庫のデザイン(横)

 

ushiro

保冷庫のデザイン(後)